【ウィークリー・マンスリー】1-5(第二期) 鎮守府近海 周回・攻略(2020年6月)

シェアする / フォローする

非常に多く行くことになる、1-5 鎮守府近海の第二期の攻略です。
各デイリー・ウィークリー・マンスリー・EOゲージ撃破で頻繁に来る場所です。

記事について

第一期からの変更点

ルート分岐の条件が多数変更。
いくつかの分岐からボスへたどり着ける。
海防艦4で簡単にクリア可能になった。
第一期と比べ、経験値が減少した。

更新履歴

18/9/3 初稿
20/6/4 任務の編成例、レベリング例を追加

達成可能な任務

デイリー「敵潜水艦を制圧せよ!」(潜水艦6隻撃沈=1周)
ウィークリー「海上護衛戦」(潜水艦15隻撃沈)
ウィークリー「海上輸送路の安全確保に努めよ!」(1-5ボス戦に3回A勝利以上)
マンスリー「海上護衛強化月間」(1-5ボス戦に10回A勝利以上)
勲章「1-5ゲージ破壊」(1-5ボス戦に4回S勝利)

任務・作戦内容

1-5. 鎮守府近海 鎮守府近海対潜哨戒

最短4周でゲージ破壊
ボスの撃沈のみでゲージ減少
ゲージ破壊後のボス艦隊は不明

攻略(1-5)

ルート&陣形

内回りルート : ADEJ 全て単横陣

外回りルート : ADF(G)J 全て単横陣

戦闘数自体は同じ回数です。

C/H/Iマスは水上戦なので単縦陣(普通は行かないマス)

分岐条件・ギミック

4隻以下の編成でないとボス固定不可

軽巡1海防4(ADEC(たて)J)のみランダムで到達できる
補給艦を入れると、内回りから逸れて水雷戦があるので避ける

・内回りルート = 海防4

・外回りルート = 軽空母1以下、軽巡2以下、戦艦0、正規空母0、潜水艦0
航戦は編成可能

分岐条件:攻略Wiki

編成・装備例① 内回りルート

第1艦隊 : 海防4

・最短かつ最軽量編成
・被害を抑えるために先制対潜4隻がベスト
ソナー+爆雷投射機+爆雷3点シナジー

育成中の海防艦は2点シナジー
・先制対潜でmissが出る、2点シナジーで倒しきれない → やられることもある
・海防艦を4隻所持していない場合は外回りルート

編成・装備例② 外回りルート1 T字不利回避

第1艦隊 : (海防/駆逐/軽巡)3、護衛空母1

・海防艦が足りない場合の編成例
・内回りと外回りの戦闘数は同じ
・軽空母は護衛空母にする
軽巡は2まで編成可能

・メリット = 彩雲でT字不利を防げる
・デメリット = 遠回りルートのほうが敵の数が多い、1マス分時間ロス

編成・装備例③ 外回りルート2 駆逐/軽巡/航巡

第1艦隊 : 駆逐4

・任務でよく行かされるパターン
・強力なソナーや爆雷投射機が増えてきたので、先制対潜艦は増加中
・その他、(駆逐+海防)4なども外回り

先制対潜の可能な駆逐艦は、以下の表を参考にしてください。
(”対潜”で並べ替え)

艦これ攻略Wiki – 艦船最大値/駆逐上位早見表

第1艦隊 : 軽巡2、海防/駆逐2

・単発「精鋭「第十八戦隊」、展開せよ!」で使用したパターン(軽巡2指定)
軽巡は2まで編成可能

第1艦隊 : 航巡2、海防/駆逐2

・単発「航空戦艦戦隊、戦闘哨戒!」で使用したパターン(航戦2指定)
・対潜が強い日向を推奨(彩雲も載せられる)
・砲撃戦が2巡する為、殲滅力は高い
・重い編成なので、任務以外では航戦は使用しません

編成・装備例④ ボス前まで 序盤のレベリング6隻編成

第1艦隊 : 先制対潜可能な艦4、レベリング艦2

Eマス or Fマス戦闘後、撤退する ADE or ADF(3戦目)撤退

・6隻編成可能、まとめてレベリング可能
・倒し漏らしも missや2点シナジー で起こりえます

・「軽空母1以下、軽巡2以下、戦艦0、正規空母0、潜水艦0」の条件は守らなくて良いです(Fマスからの分岐条件の為)

序盤用のレベリング方法です。
ある程度戦力があるなら、他の先制対潜可能なマップを選んだほうが効率が良いです。

第二期になり有力なレベリングスポットはほとんど潰されてしまいました。 そして代わりのレベリングスポット探しが今も行われています。 今回は実際にレベリングを行ってみて、オススメ度みたいな感じで紹介。 掲載元があった場合は詳細は書かず、概要+リンクで紹介させていただきます。 19/3/12 3-2分岐条件更新、5-3分岐条件更新、5-3Cマス潜水艦デコイレベリング追記

最後に

クリア自体は簡単になりましたが、経験値が減りました。
潜水艦任務で頻繁に来るのは変わらないので、うまく任務を重ねて少ない回数でクリアしたいです。