【艦これ】燃費・入渠を艦種別に簡単比較してみる(2018年4月)

シェアする / フォローする

イベントなどの掘り周回で気になるのが、燃料・弾薬・ボーキサイトをどれだけ消費するかという点です。(燃費)

2018年冬イベントでは、駆逐艦を多用して、低燃費で周回することが出来たマップもありました。

今回は燃費について、大まかにどれ位の比率なのか考察してみます。

燃費の比較

燃費表

備考

  • 各艦種における、使用頻度の高い・そこそこの強さの位置にいる艦娘を一人選んで調査。
  • 燃料・弾薬のみの調査とする。(ボーキサイトは考慮しない)
  • 戦艦は3種の他に、海外艦を一人選出。
  • 駆逐艦=1とし、各艦種の比率を算出。

燃費の参考サイト:燃費表

燃費についての考察

覚えておきたいこと

  • 水母の燃費は軽空母とほぼ同じ
  • 雷巡は重巡に近い
  • 重巡は駆逐の約3.4倍戦艦は駆逐の約6.4倍
  • 戦艦は重巡の約1.9倍
  • 速吸改はかなり重い(神威は軽い)
  • 雲龍型・Aquila改は、燃費が軽空母並
  • 戦艦はかなり開きがあり、低燃費は伊勢型・ガングート・Warspite改など。

意外と知られていないこと

  • 海防艦は、潜水艦より燃費が低い。
  • Warspite改はすごくコスパが良い。(Italia並みの強さで金剛型より低い燃費)
  • 伊13改・伊401などは、軽巡並の燃費。
  • 同じ駆逐艦でも意外と差がある。(睦月型30~タシュケント改50)

入渠費用について

入渠時の燃料・鋼材の消費は、出撃消費燃料と比例しているそうです。
(出典:艦これ攻略Wiki

つまり、燃料消費の低い艦種は、入渠時の消費が低いことになります。
(逆もあります)

例1)雷巡

燃費では重巡に近い
入渠では軽巡と同じ(軽巡と同じ燃料25の為)

つまり、周回では入渠まで考えるなら、重巡より雷巡を意識したほうがお得感が強いですね。

例2)速吸改

燃費では重巡より少し高い
入渠では戦艦の金剛型や扶桑型よりも高い

速吸はイベントで重要な役割を果たすこともある為、燃費についてはあまり考えないで使用することになります。

入渠に他の水母の1.5倍の燃費がかかる秋津洲先輩マジパない。

最後に

覚えておく情報は僅かにしたいです。

例えば、明石はそもそも泊地修理以外は使用しないので、燃費を気にすることは無いです。
(特殊な提督以外は…)

駆逐1<重巡3.4<戦艦6.4」 ぐらいで覚えておけば良いです。

駆逐と重巡の間に「軽巡、水母、軽空母、雷巡」
重巡と戦艦の間に「速吸・空母」が入る感じですね。

また、別の燃費の節約方法として、艦娘育成中はギリギリまで改装しない、というやり方が考えられます。
特に大和型やアイオワ、牧場の蒼龍などは、ギリギリまでケチって良いと思います。
他にも中破大破した段階で改装するなど、工夫は色々考えられますね。

スポンサーリンク

シェアする / フォローする